2010年02月09日

「形式的なミス」小沢氏、持論繰り返す(読売新聞)

 「形式的な点について責任を問われているということです」。自らの資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で4日、嫌疑不十分で不起訴になった小沢一郎・民主党幹事長(67)。

 同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)ら元秘書や秘書3人が起訴されたにもかかわらず、報道陣の取材に応じたのは10分ほどで、「形式的なミス」との持論を繰り返した。一方、東京地検の記者会見は1時間を超える異例の長さで、「現時点で立件すべきは立件した」と捜査を尽くした点を強調した。

 4日午後7時45分、小沢氏はグレーのスーツにシルバーのネクタイ姿で、東京・永田町の党本部5階に姿を見せた。

 「私の事務所で会計を担当していた者が起訴され、大変残念。国民におわびする」。冒頭、謝罪の言葉を口にした小沢氏。自身が不起訴になったことについては、淡々とした表情で「公平公正な検察当局の捜査の結果」と述べた。

 だが、その後は、石川容疑者について「国会議員としての職責に関連して罪を問われているのではない」「起訴の内容も収支報告書の形式的な点についての責任を問われている」などと持論を展開。自らの正当性を主張するように「検察の公正な捜査の結果だ」と何度も繰り返した。

 石川容疑者が逮捕された翌日の先月16日に開かれた党大会で、検察との全面対決を宣言したことについて質問が出たが、「勝利とか敗北とかいう問題ではない」とかわした後、ゼネコンからの不正な資金提供があったという報道が相次いだことにあえて触れ、「私はそんなこと一切ない。断固として承服できないと主張してきた」と力を込めた。

 小沢氏の説明は記者会見場で行われたが、記者が取り囲むぶら下がり取材のみ。記者からの質問を遮るように、党関係者が「月曜日の定例会見もある」と割って入り、午後7時55分過ぎに打ち切られた。小沢氏は低く小さな声で「よしっ」と言い残し、会見場を後にした。

<訃報>伊藤鄭爾さん88歳=元工学院大理事長(毎日新聞)
<JR東日本>秋田新幹線の新型車両デザインを発表(毎日新聞)
標準時繰り上げ 子午線を東に15度動かして1時間“早起き”(産経新聞)
小沢氏は「出処進退の判断」問われる(産経新聞)
鳥取詐欺女、不審死の矢部さんと「もみ合いになった」…同居男に話す(スポーツ報知)
posted by ササイ ジュンイチ at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻に灯油掛け放火=殺人未遂容疑で夫逮捕−茨城県警(時事通信)

 就寝中の妻に灯油を掛けて火を付け、殺害しようとしたとして、茨城県警稲敷署は2日、殺人未遂と現住建造物等放火の容疑で、同県美浦村木原、会社員吉田進容疑者(44)を逮捕した。容疑を認めており、同署は動機などを調べる。
 逮捕容疑によると、吉田容疑者は1月8日午前5時40分ごろ、自宅1階のリビングで寝ていた妻(39)の毛布に灯油を掛けて火を付け、背中や両足などに重傷を負わせ、木造モルタル2階建ての自宅を全焼させた疑い。
 同署によると、吉田容疑者は妻と長男(10)、長女(5)の4人家族。同容疑者は1階の和室で一緒に寝ていた子供2人を外に避難させた後、自宅に戻ったが、親族によって助け出された。妻は自力で逃げ出したが、重傷のため入院中という。 

【関連ニュース】
豚舎火災、5000匹焼死=北海道
長屋火災で2人死亡=住人の夫婦か
民家火災で3人死亡=小学生女児、父、祖母が犠牲
民家火災で2人死亡=妻と長女か
民家全焼、姉妹死亡=就寝中出火か

政治資金規正法改正に意欲=鳩山首相(時事通信)
石川被告への辞職勧告「審議するにあたらず」 民主・山岡氏(産経新聞)
死刑容認、過去最高の85・6%…内閣府調査(読売新聞)
鳥取不審死 運転手宅で不明前に火災 上田容疑者 一緒に飲酒、殺害計画か(産経新聞)
自転車で女性つけ脇腹触る…救急隊員「魔がさした」(読売新聞)
posted by ササイ ジュンイチ at 05:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。