2010年03月31日

【麗し大和・記者の裏話】(13)謎がオモシロイ 海龍王寺あれこれ(産経新聞)

 海龍王寺って名前、ちょっとカッコイイ。海のない奈良で、海とつながりの深い寺の1つといえるかもしれない。訪ねてみるととても小さいお寺で、イラストレーターのみうらじゅんさんから“イケ住”(イケてる住職)と名付けられた石川重元住職が、にこにこ顔で受け付けに座っていたのが好感度「大」だった。尼門跡として有名な法華寺に行くならぜひもう一歩、足を伸ばしてほしい。今回、「へええ〜」と思ったことをいくつか紹介。

 ■海龍王寺はいつからあったか?

 海竜王寺に行くには、近鉄奈良駅か大和西大寺駅、JR奈良駅からバス。「法華寺前」で降りると、バス停のすぐ前に門があり、海龍王寺の東を通る道路(東二坊大路)を見渡してみる。条坊制によって碁盤の目のように東西南北きっちりとはりめぐらされるはずだった大路が、東に60メートルほどずらされているのがわかるはずだ。

 平城京が造られる前にすでにここには寺があり、それを壊すことなく、大路の方をずらした…と考えられている。住職に聞くと、発掘調査でも飛鳥〜白鳳時代の瓦などが出たそうだ。

 で、結論はこう。(1)平城遷都前におそらく毘沙門天をまつる寺かお堂があった(2)平城遷都に伴い権力者藤原不比等の館が建てられ、その敷地にあったことからそのまま不比等の邸宅に取り込まれた(3)不比等の死後、娘の光明皇后の邸宅となり、海龍王寺が建てられた(4)玄●が住職となる…という変遷をたどったようである。

 ■玄●を見直す

 ところで、僧玄●。海龍王寺の初代住職(住持)とされている。が、実はよくわからない。後世には(艶聞も含めて)伝説も生まれたが、聖武天皇の母で、天皇を産んでから気うつ(今でいううつ病?)の病にかかり、40年近くも親子の対面すらできなかったという宮子を、遣唐使帰りの玄●が祈祷によって治した…という話が、さまざまな逸話を生んだ。

 個人的には、遣唐使で僧侶というと、薬や医学の知識もあっただろうし、失脚した人物というのはとかく後世に悪く、またはおもしろおかしく語られがちなもの、と思う。今回、興福寺に法相宗の教学に貢献した人物(法相六祖)の1人として玄●がまつられているのを知って(像もある)、改めてきちんと評価されるべきなのではないか、と思った。(図書館で「福智院の由来記」を発見。玄●について一番詳しくまとめられている資料だった)

 ■遣唐使よもやま話

 玄●は遣唐使だったが、天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」で知られる阿倍仲麻呂、4月のNHKドラマの主役になった吉備真備らと一緒の派遣だったと今回、知った。717年に唐に向かっている。

 実はもう1人、いた。2004年に「日本人留学生の墓誌発見」として大きなニュースになった、井真成(せいしんせい)。奈良大学の東野治之教授は著書「遣唐使」(岩波新書)で、中国名・井真成は葛井真成(ふじいのまなり)だと推定されていて、玄●らと同じ船で唐にわたったとみられるのだ。

 とすると、留学生(僧)のうち、玄●と真備は日本に帰国して一時は政治の中枢で活躍、仲麻呂と真成は帰国かなわず唐で生涯を閉じた…という毛かKになる。想像するしかないけれど、それぞれの生涯がドラマだったろうと思った次第。

 ●=日へんに方

【関連記事】
お堂の中に塔がすっぽり?! 謎の海龍王寺と五重小塔
女人禁制と「青衣の女人」 
雪の室生寺と土門拳 執念で撮った雪景色
漆黒の聖女に癒やされて 中宮寺の菩薩半跏像
平城京遷都は急がなくていい? 女帝がしぶったワケ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

日露戦争のロシア人捕虜弔う…松山(読売新聞)
<ニュース1週間>足利事件、菅家さん無罪確定/パラリンピック閉幕 日本メダル11個(毎日新聞)
信楽透器 電球の光ほんのり通す 特許と商標出願中(毎日新聞)
「危険物質投与」容疑で拘束=毒ギョーザ事件の元臨時従業員(時事通信)
赤坂ゴンドラ落下事故 被疑者不詳のまま書類送検(産経新聞)
posted by ササイ ジュンイチ at 14:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

空自家具入札で官製談合=職員関与認定、防衛省に改善要求−公取委(時事通信)

 防衛省航空自衛隊発注のオフィス家具をめぐり、官製談合が行われたとして、公正取引委員会は30日、官製談合防止法に基づき、同省に内部調査などを求める改善措置要求を出した。
 公取委は、空自全般の備品調達を行う第1補給処の歴代の資材計画課長や需品班長ら発注担当職員らの関与を認定。処長ら幹部も了解していたとして、組織ぐるみだったと指摘した。旧防衛施設庁の解体につながった2006年の官製談合事件以降も、談合を主導してきた同省の体質が厳しく問われそうだ。
 公取委はOBの天下り先で、談合していた内田洋行、プラス(いずれも東京)、イトーキ、ライオン事務器(いずれも大阪)、岡村製作所(横浜)に独禁法違反(不当な取引制限)で、排除措置命令を出し、総額約3億7500万円の課徴金納付を命じた。コクヨファニチャー(大阪)も談合に加わったが、違反を事前申告し対象から外れた。 

【関連ニュース】
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
〔写真ニュース〕空自次期輸送機を納入=川崎重工
ジョンソン&ジョンソンに立ち入り=価格維持のため、広告規制
山梨県発注工事で談合か=93年の摘発後も継続
岩手県発注工事で80社の談合認定=指名停止に「減刑嘆願」も

<知人男性刺殺>64歳被告に懲役13年 大阪地裁堺支部(毎日新聞)
強盗容疑で44歳男を逮捕=信金から300万円強奪−福井県警(時事通信)
強風 壊れた屋根直撃、47歳女性が死亡…北九州の駐車場(毎日新聞)
後輩に「ボコるぞ」 恐喝容疑で中学生2人逮捕(産経新聞)
民主、役員会で生方氏留任を確認へ 小沢氏は4時半から会見(産経新聞)
posted by ササイ ジュンイチ at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

普天間、全面県外移設見送り=沖縄含め「2カ所くらい」−防衛相表明(時事通信)

 北沢俊美防衛相は27日午後、長野市内のホテルで講演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新たな移設先について「(同飛行場にある)ヘリコプターを全部引き受けてくれるところはないが、バラバラに移すわけにもいかない。2カ所くらいに配置を換える」と述べ、ヘリ部隊の分散移転を検討していることを明らかにした。北沢氏はこの後、記者団の質問に答え、分散移転先は、沖縄県外だけでなく、県内も含まれることを明言した。 

【関連ニュース】
郵政改革案「世界に笑われる」=自民・大島氏
国外移設へ首相を説得=社民・福島氏
景気「悪い方向」、3年連続トップ=財政、外交にも懸念
普天間、調整難航は確実=岡田外相が28日に訪米
普天間、5月末までに解決=岡田外相

大阪府警が誤認逮捕=「わいせつ未遂」にアリバイ−無職男性、8日後釈放(時事通信)
中井氏に厳重注意=平野官房長官(時事通信)
「考えに変わりない」小林氏、改めて辞職を否定(産経新聞)
知事あてに薬きょう郵送=朝鮮学校の扱いで批判文書も−兵庫(時事通信)
狩野探幽の雲龍図と判明=京都・興正寺の掛け軸(時事通信)
posted by ササイ ジュンイチ at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。