2010年03月02日

渡邊昇

渡邊 昇(わたなべ のぼり/のぼる)、1838年5月1日(天保9年4月8日) - 1913年(大正2年)11月10日)は、明治時代の盛岡県権知事、大阪府知事、元老院議官、貴族院議員。子爵。名は武常。号は東民、其鳳。経歴肥前大村藩に生まれる。江戸へ出て斎藤弥九郎の道場練兵館に入門し、木戸孝允の次の塾頭になる。その後尊王攘夷派の志士として活躍。維新後、中弁、弾正大忠などを歴任した後、1871年(明治4年)、盛岡県知事、1872年(明治5年)、大阪府参事、1877年(明治10年)、大阪府知事、1884年(明治17年)、会計検査院長。1887年(明治20年)、欧米の金融事情を視察するため、欧米を歴訪。その後、元老院議官、貴族院議員などを歴任したのち、1895年(明治28年)、大日本武徳会を結成。 1913年(大正2年)、死去。享年76。逸話身長は六尺の大柄な体格で、その上剣豪でもあり、幕末新撰組から恐れられていた。また1880年(明治13年)、紀尾井坂済寧館において、警視庁剣術師範の上田馬之助に勝っている。 貴族院議員の際、議論中によく居眠りをしていたという。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E9%82%8A%E6%98%87」より作成カテゴリ: 議論が行われているページ | 改名提案 | 幕末維新側人物 | 貴族院子爵議員 | 大阪府知事 | 大日本武徳会の幹部 | 剣客 | 肥前国の人物 | 1838年生 | 1913年没

<弁護士懲戒処分>銃口向けた写真で「脅迫状」(毎日新聞)
鴻巣市移動支局 開設 「びっくりひな祭り」に合わせ(毎日新聞)
<掘り出しニュース>辛くて噴火しちゃう?激辛ソース「赤岳大噴火」販売(毎日新聞)
山崎氏ら3氏公認 自民が見送り決定(産経新聞)
枝野氏が行政刷新相に正式に就任(産経新聞)
posted by ササイ ジュンイチ at 01:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。